タグ:憲法カフェ

『憲法カフェ×くらしとせいじカフェ@草津(まんぽのとなり)』
2015/7/6(月) 10:15〜12:00
開催報告でーす♪

明日の自由を守る若手弁護士の会「あすわか」さんから
小谷弁護士さんが来てくださって、
「日本国憲法憲法」と「安保法制」のことについて
わかりやすくお話していただきました〜♪ 
http://www.asuno-jiyuu.com/ 


レポート後半<安保法制のこと>  

レポート前半<日本国憲法のこと>はこちら↓
http://kurasitoseijicafe.blog.jp/archives/1034085608.html

IMG_1368


▶安保法制
いろんな分野にわたって自衛隊が出来る事を広げようとする法案です。
自衛隊の後方支援を広げたい。
もともと自衛隊が海外に行く時には個別の法律を作っていて、
非戦闘地域だけ後方支援できるということになっていたんですが、
恒久法を作ってしまい、
しかも
戦闘現場でなければ行けるというようなことになっています
周辺事態法
の改正で、
日本の近辺でしか行けなかったものが
地球上のどこでもいけるようになろうとしています。
自衛隊が武器を使える範囲も広くなっていて
これまで自衛のためだけだったのが、
ほかにも色々出来るというように法改正がされようとしています。


どれも重大な変更で、
議論すべきポイントは山ほどあるのですが、
今日は、集団的自衛権の行使に絞ってお話したいと思います。


憲法クイズの第2問を思い出して下さい。
(レポート前半を見てね)
従来の政府見解によれば、
日本が直接攻められたときには、
個別的自衛権で反撃することが可能緒です。
では、集団的自衛権は、何で、何のためにあるのか


集団的自衛権とは日本に密接に関係のある国が
武力攻撃されたときにその国と一緒に反撃する権利。
ポイントは日本が攻撃されたときの話しで
ないということ。
これまで歴代の政権は集団的自衛権については
行使出来ないと一貫して言ってきました。
憲法九条に違反するからです。
それが去年の閣議決定で解釈を変えて
集団的自衛権の行使もできるんだといまの安倍内閣は言っています。
これまでは個別的自衛権だけ行使できるということで、
3つの要件を示していました。
そのうちの一つ、
もともとは日本に対する急迫不正の侵害があること
という要件だったんですけど、
「我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、
我が国の存立が脅かされ国民の生命および幸福追求の権利が
根底から覆される明白な不正がある」
これを満たせば集団的自衛権の行使ができるんだという事を
閣議決定で安倍内閣は決めました。
 


▶今日は集団的自衛権について、
次の3つの視点から考えてみたいと思います。

 集団的自衛権行使のメリット・デメリット

 「解釈改憲」というやり方

 憲法9条との関係



では、まず1つ目のテーマについて、
グループに分かれて議論してみましょう。
 
参加者さんでワールドカフェ


<テーマ①:集団的自衛権行使メリット、デメリット>


*メリットなんてあるのかなって思うんですけど、

こういう事をきめたい人たちは
強い国の傘下に入れば守ってもらえると思っている。
デメリットは日本が他国に攻撃をしていなくても
戦争している国の傘下にいると判断されれば攻撃対象になってしまう。
関係のない戦争に巻き込まれる可能性がある。


*メリットは国が表向きとして言っていることですが
国際的にも外交的にも良い顔が出来る。
経済が潤って、一部の金持ちにメリットが出てくる。
だけど裏返すとデメリットとなって、攻撃すると必ず反撃に遭う。
前線よりも援護する立場の日本の自衛隊がまず攻撃をされる。
私たちの生活の中で当たり前に暮らしているなかで
知らず知らず参加してしまっていないかという不安が出てくる。


◯小谷さんからの解説


安倍首相の主張

「安全保障関係が変化していて
もはやどの国も一国では自国を守れない。
抑止力を強化する必要がある。
自衛のためには
むえない。」という安倍首相が
あげていた集団的自衛権が必要だと言う事例に対して、
元内閣官房副長官補の
柳澤さんが反論しています。
以下、そのうち3つを取りあげます。


*朝鮮半島に有事があったときにアメリカの軍艦が
日本人を乗せて帰って来る。
これに攻撃されたら守れるように→これは個別的自衛権で十分対応が可能


*他国からアメリカにミサイルを飛ばした時に
これを迎撃しなきゃいけないでしょう→物理的に不可能


*ホルムズ海峡に機雷が埋められているのでこれを取りに行く→
これは個別的自衛権だけでは解決出来ないかもしれないが、
機雷を取りに行くという事は周辺国との全面戦争を意味する。


最近は内閣法制局の長官が、
ホルムズ海峡の機雷も
個別的自衛権で対応可能だと言いだしてますね
 

◯安倍首相は抑止力の強化が必要というけれど

抑止力というのは反撃する能力と意志を示す事で
相手に攻撃を思いとどまらせる力のことです。
日本が集団的自衛権を行使する事が出来るようになったら
誰に対する抑止力が高まるのか考えてみましょう。


日本を攻撃したらアメリカに反撃されるから
やめようというのは日米安保の問題です。
日本を攻撃したら日本から反撃されるから
やめようというのは個別的自衛権です。

集団的自衛権の抑止力というのは
アメリカを攻撃したら日本から反撃されるから
やめようという話しであるはずなんですが、
アメリカ単体だったら攻めるけど、
日本にも反撃されるからやめようっていう国があるでしょうか?
つまり、抑止力って言うのは現実的じゃないですね。


もっと広い意味でお互い助け合えるからいいんやという方がいますが、
そうなるとアメリカの要請には
出来るだけ応じるべきだというふうになってきます。
そうするとアメリカの戦争に巻き込まれることになってきます。
日本本土を攻撃されるとかテロの標的にされるという事が起こってきます。
イラク戦争アフガン戦争に参加した国の国内でなにがおこったか。
テロです。
イギリス、スペイン、ドイツ、フランス、、、。
軍隊はテロを防ぐ事は出来ません。
自衛隊もテロから市民を守る事はできません。


◯日本が他国の侵略に加担する

第二次世界大戦後いろいろな戦争がおこっていますが、
ほとんどが集団的自衛権の行使を口実に行われています。
正義だと思っていても単にアメリカの侵略行為に
加担していただけじゃないかといったことが
かなりの確率で起こりえるんじゃない
でしょうか


◯安全保障のジレンマ

日本が武力の抑止力を高めたら相手も当然高めてきます。
緊張関係もさらに高まるし、市民は軍事費の負担を強いられます。
国の予算というのは限られていますから、
軍事費が増えれば、一方で、福祉や教育の予算が限られることは確実です。


◯憲法に守られている日本だからできる支援活動
ができなくなる

日本の良さが無くなるということも言われています。
パキスタンやアフガニスタンで医療支援をしているNGOは9条があるから、
日本は、他国の戦争に加わらないという事を知っている。
だからすごく支援活動がやりやすかったと言います。
国際紛争の調停に日本ほど向いている国はない。


◯集団的自衛権行使は限定的な容認だから大丈夫ってほんと??

限定的な容認だから大丈夫だと安倍首相は言うんですが、本当でしょうか。
何を限定したかというと、
最近短く「存立事態」と呼ばれたりしますけど、次の要件です。
「我が国と密接な関係にある他国に武力攻撃が発生し
これにより我が国の存立が脅かされ国民の生命、自由、幸福を
追求する権利が根底から覆される明白な危険があること」。
これはどんなときでしょうか?
とても抽象的な
でどうでもとれますね。
経済状況が悪化するとか、
日米同盟が悪化するとかも存立事態にあたると安倍首相は答弁しています。
なんの限定にもなっていない。


しかも、特定秘密保護法が昨年12月に施行されています。
存立事態に当るかどうか、
この理由が特定秘密に
指定されたら市民には全く知る事ができなくなります。
調べたら捕まります。
国会議員でさえもその秘密を知
ることができないなかで判断しなきゃいけない。
 


<テーマ 「解釈改憲」というやり方>
 

今回の安保法案を
前半紙芝居でお話しした「立憲主義から考えてみます。
あすわかの紙芝居「憲法ができるまで」
ユーチューブで見てね〜↓
https://www.youtube.com/watch?v=zWvD1rjusF8 


歴代政府は9条の解釈として一貫して
集団的自衛権できないんだということを言っています。
閣議決定とか法律だけで集団的自衛権行使を認めることは、
文言は変えなくとも実質的に憲法九条を変えてしまう事です。
憲法の中でも9条は一番
きつく権力者を縛っていたはずなですが、
政府は勝手に縄抜けをしようとしています。


もし与党が本当に集団的自衛権行使出来るようになる事が
私たちのためなんだと真剣に
考えるであれば、
どういう手続きをふむべきか。
まずは、改憲の
発議をして、
憲法改正をするべきかどうかを
主権者である私たち国民に問うべきです
私たち国民が、真剣に議論した上で改憲するという結論になるのであれば、
これに基づいて、法律を変えたり、解釈を整えたりすることになります。
しかし、
いま起こっているのはこれとは全く逆。
内閣が勝手に解釈変え、これに基づいて法律を変える。
最後に、形だけ残った憲法を変えるといった流れになっています。


中身はひとまず置くとしても、
手続きだけをみてもすごくおかしいことを政府はやろうとしています。
 


<テーマ 憲法9条との関係
 

戦争放棄、軍隊、交戦権を持たないという憲法九条。
こういうことが定められているのに、
わざわざホルムズ海峡に機雷を取りにいくとか、
日本が攻撃されたわけでもないのに他国のために戦争に参加するとか
そういったことがゆるされるのか。
明らかに憲法違反。
国会に呼ばれた3人の憲法学者はそろって憲法違反だと言い、
多くの憲法学者が違憲と言っている。
いろいろ話をしましたが、憲法に違反することは、
それだけで、やってはいけないのは当たり前。




▶徴兵制のこと

 「安保法案は合憲だ」と言っている3人の学者のうち、
2人は徴兵制も合憲だと言っています。

 解釈改憲のやり方を許してしまえば、
憲法18条を変えなくても、徴兵制はできてしまうかもしれない。


 実際にありそうなのは、「経済的徴兵制」と言われるやり方。
アメリカで既に先行しています。
国民の間に貧富の差を作って、
貧しい家庭の子どもにどんどん奨学金を貸す。
返せなくなった状態で自衛隊に入ったら奨学金の返金免除
だと言えば、
一見自発的に自衛隊に入ったように見えるけれど、
でも本当は仕方なく自衛隊に行かなきゃいけないという人が
たくさん出て来る。




◯「違憲だと多くの人が言っているのに、
安保法制は通ってしまうんですか?」(参加者さんからの質問)

仕組みとして、法律国会議員の過半数賛成するとできてしまうんですね。
最終的に判断するのは裁判所なんですけれども、
安保法案成立後、
なにか事件が起こって誰かが訴えてはじめて
裁判所は判断が出来る。
だけど
結論が出るまでに何年間かかります。
裁判所が違憲といったら法律は無効になるんですが、タイムラグがある。


安倍首相は一次内閣のときからちゃくちゃくと
戦争出来るようにしているように思え
ます
防衛省を防衛庁に格上げしたり、
国民投票法や秘密保護法を制定したり、
武器輸出三原則の緩和したり。
いま、安保法案が通ってしまえば、
後は、形だけ残った憲法9条を改正するだけです


今は、ともかく、安保法案を成立させないことが大切。


そのための方法として、
あすわかの活動や、
あすわか弁護士の田中さんのブログの紹介をして頂きました。

http://j-c-law.com/anpohouseihaian/


ありがとうございました!

IMG_1366
 









『憲法カフェ×くらしとせいじカフェ@草津(まんぽのとなり)』
2015/7/6(月) 10:15〜12:00

明日の自由を守る若手弁護士の会「あすわか」さんから
小谷弁護士さんが来てくださって、
「日本国憲法憲法」と「安保法制」のことについて
わかりやすくお話していただきました〜♪ 
http://www.asuno-jiyuu.com/ 


IMG_1364

開催の様子を
前編<日本国憲法のこと>
後編<安保法制のこと>
に分けてレポートします^^

レポート前半 <日本国憲法のこと>

▶まず、小谷さんのごあいさつをいただきました♪
「明日の自由を守る若手弁護士会(あすわか)」の小谷といいます。
まず「あすわか」の紹介を。
私たち
まれるきっかけをくれたのは、自民党(笑)。
2012年に
自民党の改憲草案が発表されました。
これを読んだ若手弁護士が
「これはわたしたちの
知っている憲法とは根本的なところが違う。
の憲法が目指すような社会になってしまった」ってこわくなり、
互いに呼びかけて立ち上げた会です。
ただし、必ずしも護憲というスタンスをってるわけではありません。
今の憲法も、条文
によっては変えた方がいいところがあるかもしれない
でも「護憲」とか「改憲」とか言う前に、まずはいまの憲法を知ってほしい。
「知憲」という言い方をしているんですけど、知ったうえで、
変えるとか変えないとかという話しをしましょうよっていう活動をしています。
法律家の集まりなので、主にやっている事は情報発信です。
ブログでニュースの解説をしたり、
改憲や集団的自衛権についてのリーフレットを作ったり
みなさまのところへ出張して
今日のように
「憲法カフェ」をしたりしています。
あすわか
の会員は、全国に約40人がいて、
今ではカフェを開催していない日はないくらいです。



▶参加者さんの参加の動機

(2人がペアになり、相手の「他己紹介」をしました)


*憲法や政治は遠いことのように感じていたけれども、
近頃はそうじゃないんやなって思うようになって参加しました。


*子どもの頃、子ども向けの本に日本国憲法が載っていて、
その
文がとってもよかった。泣けるくらい。
今日は改めて、我が子にも伝えたいし、勉強にきました。


*憲法のこと全く知らないので、今日は知りにきました。


*10年くらい前に教育基本法が変わってしまった。
今、憲法はどうなるのかという危惧があって来ました。


*いまの時代に憲法のこと勉強したいけれども、
どうやってしたらいいのかわからない。
どこに、なんて言っていいのかわからない。
だから勉強したいという気持ちできました。


*憲法のことは小学校の授業で習って以来、
学んでいないので知りたくてきました。


*戦争はあかんやろうっていう強い意志を持って参加しました。

IMG_1367
 なんと!日本国憲法がすべて印刷されたクリアファイルを参加者みなさんにいただきました♪
 


▶そして、憲法クイズ~♪

1、日本国憲法のなかに「愛」という文字は入っている。◯か×か?


<正解は◯>

前文の「、、、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、、、」
というところに出てきます。
前文というのは、
なぜこの憲法を作ったのか
どういう社会を目指しているのか」が書いてある部分です。
「愛」の文字が出てくる辺りは
日本国憲法三大原則の「平和主義」を表している所です。
ほかには
基本的人権の尊重国民主権があります。



2、「平和主義」からの問題です。
日本が外国から攻撃されても、
憲法9条
制約があるので自国を守るために
武力行使する事は禁止されている。従来の政府見解では◯か×か?


<正解は×>

まず前提として、これは今話題の集団的自衛権のではありません。
直接攻撃されて反撃出来るかどうかは、個別的自衛権の問題です。
日本の政府は、戦後、憲法九条あるけれど
個別的自衛権
の行使は許されているという考え方をとってきました。


Q3憲法の条文に記載されていない権利、
例えばプライバシー権、知る権利、環境権などは
憲法には書かれていません。
書かれていないと憲法上保障されないので、
保障するためには憲法改正の手続きが必要。○か×か?


<正解は×>

憲法上明記されていない権利であっても重要性があれば、
憲法上保護されていると解釈されます。
例えば、知る権利というのは21条の表現の自由が根拠になるとされています。
表現するためにはまず何かを知る。
知る事ではじめて表現出来るようになる。
表現の自由の大前提として知る権利が保障されていると考えられています。
 


Q4憲法を改正するには、
国民投票において有権者全員の過半数の賛成が必要である。◯か×か?


<正解は×>

改正手続きは、憲法96条に書かれています。
衆議院、参議院の3分の2以上の賛成があって、国民に発議をします。
安倍一次内閣のときに国民投票法というのができて
国民投票で改憲するために必要なのは、
投票総数(有権者数ではない!)の2分の1というふうに決められました。
日本の憲法は変えにくいといわれていましたが、
衆参の3分の2を超え、国民投票になったら実はそんなに難しいことではない。
私たちが無関心でいると

気がついたら
変わっているということもありえるかもしれません。



Q5国民は、憲法を尊重し擁護しなければならない。○か×か。


<正解は×>

99条を見て下さい。
天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は
この憲法を尊重し擁護する義務を負う
とあります。
国民には尊重擁護義務は課せられていません。
このクイズはいつも正解率が悪いんです(今日は良かったです♪)。

なぜ、国民には課せられていないのか
これは、
憲法ってなんのためにあるのか、ということから考える必要があります。
キーワードは「立憲主義」。
 


▶ここで、あすわかの紙芝居「憲法ができるまで」を読んでいただきました♪
ユーチューブで見てね〜↓
https://www.youtube.com/watch?v=zWvD1rjusF8


権力というのは常に行き過ぎたり暴走したりする危険があります。
権力の乱用は個人の自由を侵害してしまいます。
個人の自由を守るために権力の乱用を縛るものが憲法であり、
特に「立憲主義の憲法言います。


憲法と法律の関係は守らなきゃ行けないルールという点では同じですが、
誰が守るのかという点では全く逆です。
法律は基本的には国が作って私たち国民が守らないといけないルール。
憲法は私たち国民が作って国とか権力に守らせるためのものです。
三権分立というのも立憲主義の考え方からできています。



ちなみに、憲法は、私たち国民に「不断の努力」を求めています。
憲法12条を見て下さい。
憲法が保障している私たちの自由や権利は私たち国民が、
常に努力して
保持しなければいけないということが書いてあります
12条は、私が一番好きな条文です。



▶基本的人権アラカルト☆

(あすわかの、「憲法条文イラスト」を映しながら、解説頂きました。)


1314条
人は生まれたときから個人として尊重され法の下に平等な存在として扱われます。
26条では、教育を受ける権利が保証されています。
学問の自由は23条で保障されており、何を学ぶかは自由です。


さて、
ここでミニクイズ〜。
子どもには教育を受ける義務がある◯か×か?


<正解は×>

子どもに教育を受けさせる義務は保護者にあります26条2項



27条で勤労の権利、22条では職業選択の自由が定められていています。
働いてから大事になってくるのが
28条勤労者の団結権、団体交渉権、団体行動権


24条は結婚について。
いまホットなニュースとして、同性婚や選択制夫婦別姓

女性の待婚期間
が話題になっています。
憲法では「婚姻は両性の合意のみに基づいて、、、」とあるので、
同性間の結婚は許されないんではないか、と言われることがあります
明治憲法の時には女性の結婚には戸主の同意が必要だった

日本国憲法になって戸主の同意が無くなって二人の
意思だけでできるんだよ
というのが24条の趣旨なので、
同性婚
違憲ということにはならないと私は考えています
さらにすすんで、
同性婚を認めないことが違憲なんじゃないのか、という議論もあります。
選択型夫婦別姓については
いまは結婚した後どちらかの姓にしなくてはいけない。
96%が男性の姓になっているので
この実態が憲法違反なんじゃないかと
裁判している人がいて最高裁へ上がっています。
女性は離婚後に6ヶ月再婚出来ないって期間があるんですが
男性は無いのでこれ
憲法違反なんじゃないかという事も
いま、大法廷で議論されています。


*今日の憲法カフェも21条の集会の自由で保障されています


*私たちが生活に困った場合には25条
健康で文化的な
最低限の生活保障さていて、
権利として生活保護を受給することができます。


31条から40条までは刑事事件の被疑者、被告人の権利を規定しています。
日本国憲法は、ここの規定が詳しいのが特徴の一つ。
戦争前、そして戦争中、
戦争に反対する人を捕まえて、拷問する、殺してしまう、
ということがあったので、
その反省から
今の憲法で手厚く保障しているんです


18条は最近ニュースで話題になっています。
徴兵制との関係ですね。
これまでは徴兵制というのは「意に反する苦役」だから
許されないんだってこと
ずっと言われてきたんですが、
憲法9条があっても集団的自衛権行使できるって解釈が
まかり通ってしまうのなら、
徴兵制も解釈で可能になっちゃうんじゃないのとことが言われています。



▶自民党の憲法草案についてワンポイント解説

「緊急事態条項」ってご存知ですか?
現行憲法には無いものです。
自民党の草案にはあります。
ざっくり説明すると、内閣が緊急事態を宣言します。
そうすると、内閣が決めたことが法律と同じ効力を持ちます。
国民はそれに従わなくてはならないことになります。
三権分立が分立ではなくなりますね。
行政が宣言すれば何でも出来るようになるという案です。
これが通れば憲法がなくなってしまうくらいのこわい
内容です。


来年の参議院選後には改憲の国民投票をやるんだ、
という話がありますが、
緊急事態条項は、今改憲の
1番目のテーマとしてあがっています。
これから報道も増えると思いますので、注意して聞いて下さいね。



もっと憲法を知りたい人のための、おすすめ本☆
 

憲法がしゃべった<木山泰嗣著>

http://www.amazon.co.jp/%E6%86%B2%E6%B3%95%E3%81%8C%E3%81%97%E3%82%83%E3%81%B9%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%80%82%EF%BD%9E%E4%B8%96%E7%95%8C%E4%B8%80%E3%82%84%E3%81%95%E3%81%97%E3%81%84%E6%86%B2%E6%B3%95%E3%81%AE%E6%8E%88%E6%A5%AD%EF%BD%9E-%E6%9C%A8%E5%B1%B1-%E6%B3%B0%E5%97%A3/dp/4799100068


日本国憲法大阪おばちゃん語訳<谷口真由美著>

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_ss_ime_i_1_14?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95%E5%A4%A7%E9%98%AA%E3%81%8A%E3%81%B0%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E8%AA%9E%E8%A8%B3&sprefix=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95%E5%A4%A7%E9%98%AA%E3%81%8A%E3%81%B0%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E8%AA%9E%E8%A8%B3%2Cstripbooks%2C249


憲法主義 <内山奈月(AKB48)著、南野森著>

http://www.amazon.co.jp/%E6%86%B2%E6%B3%95%E4%B8%BB%E7%BE%A9-%E6%9D%A1%E6%96%87%E3%81%AB%E3%81%AF%E6%9B%B8%E3%81%8B%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%AA%E3%81%84%E6%9C%AC%E8%B3%AA-%E5%86%85%E5%B1%B1-%E5%A5%88%E6%9C%88/dp/4569819133/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1436404998&sr=1-1&keywords=%E6%86%B2%E6%B3%95%E4%B8%BB%E7%BE%A9+%E5%86%85%E5%B1%B1%E5%A5%88%E6%9C%88



↑このページのトップヘ